MENU

きなりの成分は?糖尿病には効果があるの?

 

 

きなりと言えば、「DHA・EPA」が配合されているサプリメントという認識の方が多いと思います。
DHAやEPAは、血液をサラサラにする働きがあるため、高血圧や脳梗塞などの予防などが期待出来ると言われており、積極的に摂取することが勧められています。

 

このDHAやEPAは青魚に多く含まれているのですが、魚を食べる機会は以前に比べると減ってしまったという方も多いのではないでしょうか。
そんな方に人気となっているのが、”きなり”のサプリメントです。

 

高血圧の予防のために飲んでおられる方が多いのですが、実は糖尿病予防のために飲んでいる方もおられるということをご存知ですか?

 

きなりにはどのような成分が配合されており、糖尿病にも効果は期待出来るのかどうかということについて、見ていきたいと思います。

 

 

きなりのDHA・EPA配合量は?

 

いきなりですが、厚生労働省が推奨しているDHA・EPAの摂取量をご存知ですか?
厚生労働省は、1日に1,000mg以上のDHA・EPAの摂取を推奨しています

 

きなりにはどのくらいのDHA・EPAが配合されているのかと言いますと、1日4粒で500mgです。

 

「500mgってことは、足りてないじゃない!」と思う方もおられるかもしれませんが、これは過剰摂取を防ぐためにも丁度良い量と言えるのです。

 

 

DHA・EPAの摂りすぎは良くない

 

DHA・EPAは、健康を維持していくためには必須となる栄養素とも言えます。
ただ、摂取しすぎてしまうと、吐き気・下痢・鼻血などの症状が出ることがありますので、1日に摂取する量は推奨摂取量である1,000mgを目安に摂取することが大切です。

 

 

 

*過剰摂取の量と言われているのは、1日に3,000mgです。

 

 

1,000mgのうち500mgはサプリメントから

 

DHA・EPAの1日の推奨摂取量は1,000mg以上となっていますが、この1,000mg全てを食事から摂取するというのは大変難しいのです。
例えばマグロのお刺身からこの量を摂取しようとすると、9人分に相当する量となります。

 

これを毎日摂取しろと言われても、続けていくことはおろか、全て食べきることすら出来ずにどうしようもありませんよね。

 

大体ですが、バランスの取れている食事から摂取出来るDHA・EPAは、500mgだと言われています。
そこで、きなりからDHA・EPAを摂取することで、残りの500mg分をまかなうことが出来るというわけです。

 

 

 

どんな成分が配合されているの?

 

きなりには、以下のような成分が配合されています。

 

 

 

原材料名

DHA・EPA含有精製魚油・クリルオイル・納豆菌培養エキス・ビタミンE含有植物油(大豆由来)・ゼラチン・グリセリン・ミツロウ・オレンジ香料・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6

 

DHAやEPAが高配合となっていることはもちろんですが、実はただ高配合なだけでは意味がありません
というのも、DHAやEPAはとても酸化しやすいという特徴があるためです。

 

 

DHA・EPAの酸化を防ぐクリルオイル

 

酸化しやすいということは、本来の力を発揮できなくなってしまうということです。
そうなるといくら摂取しても意味がなくなってしまいますよね。

 

そこできなりは、”クリルオイル”という成分を採用することにしました。

 

 

 

クリルオイルとは

クリルオイルとは、南極に生息しているオキアミから抽出されるものです。
一般的な魚油とは異なり、新鮮さを保ちやすい形状になっており、DHA・EPA本来の力を損なうことなく身体に届けることが出来るオイルです。

 

さらに、クリルオイルの赤色の正体である、アスタキサンチンにはとても高い抗酸化作用があります。

 

この抗酸化作用は、ビタミンEの1,000倍とも言われており、美容液などにも使用されるほど信頼性の高いものなのです。

 

 

クリルオイルは吸収率が高い!

従来のDHA・EPAは、水に溶けないという性質のため、吸収率がとても悪いという特徴がありました。
ですが、クリルオイルは水に溶けやすく、小腸から素早く吸収していくことが出来るのです。
酸化させずに身体に届けたDHA・EPAを、素早く吸収することで、効果を発揮しやすくなります。

 

 

 

 

このように、きなりは、”酸化しない・吸収率が高い”というダブルの効果で、DHA・EPAの働きを高めています。

 

 

糖尿病への効果は期待できる?

 

ではここで、”きなりは糖尿病への効果が期待出来るのか”ということについてご説明していきたいと思います。
具体的にはどのような成分が糖尿病の改善や予防に効果を発揮するのでしょうか。

 

 

 

鍵はDHA・EPAにあり!

 

DHA・EPAの働きとして、以下のような働きがあります。

 

  • コレステロール値を下げる
  • 中性脂肪を減らす
  • 血糖値を低下させる
  • 血液をサラサラにする

 

主にこのような働きがあるため、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞など生活習慣病の予防などに対して注目されているのです。
WHO(世界保健機関)やFDA(米国食品医薬局)でも、DHA・EPAの摂取を推奨するほどに、私達の健康には欠かせないものとなっています。

 

血糖は、インスリンを通して血液から細胞へと取り込まれていきます。
このインスリンが不足してしまうと、血液の中に糖分がどんどん溜まり、血糖値が上がってしまいます。

 

DHA・EPAのうち、特にEPAには、このインスリンの分泌を促進する働きがあると言われています。
さらに、ナットウキナーゼにも血液をサラサラにする効果が期待出来るため、これらの相乗効果で血糖値を下げていくことが出来るというわけです。

 

 

血糖値が高くなることでリスクが高まる糖尿病も、DHA・EPAによるインスリンの分泌の促進と血液サラサラ効果で、改善・予防が期待出来ると言えます。

 

 

 

これは知りたい!今売れている糖尿病予防サプリメント

ランキングも発表!糖尿病予防が期待できるサプリメントTOP10は?